【2022年最新版】MetaMask(メタマスク)の作り方【PC編】

暗号資産 の ウォレット として最も多くの人に使われているMetaMask(メタマスク)。

  • NFT を購入する
  • OpenSea でNFTを発行する
  • DeFi を使う

など、Webブラウザ上で イーサリアム が関わっているサービスを扱う際には、基本的にMetaMaskのようなブラウザウォレットが必須となります。

そこで今回はPCでのMetaMaskのアカウント開設方法について、気をつけるポイントなどを押さえつつ順序立てて解説していきたいと思います。

この記事は、以下の方を対象として書き進めてまいります。

  • これからMetaMaskのアカウントを開設したい
  • 気をつけるポイントなどを知っておきたい
  • スクショ付きで解説してほしい

この記事が、これからMetaMaskのアカウントをつくりたいと思っていた方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

MetaMask(メタマスク)アカウントの作り方【PC編】

タイトルにも記載の通り、今回はPCでのアカウント作成方法について解説してまいります。

まずはMetaMaskの公式サイトから「Download」をクリックします。

今回はブラウザ版のインストールをおこなうので、「Chrome」タブの「Install MetaMask for Chrome」をクリックします。

画面の右上にある「Chromeに追加」をクリックして、Googleの拡張機能を通してMetaMaskをインストールします。

粋な挨拶文を読み、マウス操作できつねの顔が動くことを堪能したら、「開始」ボタンをクリックします。

では実際にウォレットを作成していきましょう。

「ウォレットの作成」をクリックします。

品質向上へのお願いを一通り読んで納得したら、「同意します」をクリックします。

MetaMaskのログインパスワードを設定します。

最低8文字と書かれていますが、パスワード生成(パスワード作成)ツールなどを用いて厳重なパスワードを登録して使用条件に同意し、「作成」をクリックしましょう。(※パスワードを忘れないように注意)

リカバリーフレーズという、銀行口座でいう暗証番号のようなものについての説明です。

暗号資産のウォレットでは、このリカバリーフレーズを消失/盗難されてしまうと、そこにあるすべての資産を失ってしまいます。

銀行口座と違って、誰に頼んでも失った資産を取り戻すことはできないので、よく理解したうえで「次へ」をクリックしましょう。

最初に言及しておくと、こちらは記事執筆用のアカウント作成なので、このリカバリーフレーズは記事を書いた後に捨てるものです。

皆さんは、緑枠で囲まれた部分のワードを絶対に誰かに知られたり、無くしてしまわないようにしてください!

リカバリーフレーズは、ネット上にコピペして管理しておく方法も推奨されていないため、以下のどちらかの方法を取ることを推奨します。

  • 紙に書いて保管
  • 暗号化してオンライン上で保管(そのままオンライン上で保管しない)

フレーズの保管が完了したら「次へ」をクリックします。

先程のフレーズを順番通りにボタンクリックしていき、確認作業をおこないます。

全てのワードを入力し終えたら、「確認」ボタンをクリックします。

以上で、MetaMaskのアカウントは無事に作成されました。お疲れ様でした。

しつこいようですが、リカバリーフレーズの保管には十分に気をつけてくださいね。

これにて、Googleを使って

  • NFT を購入する
  • OpenSea でNFTを発行する
  • DeFi を使う

といった作業ができるようになりますよ。(厳密には gas代 分のETHが必要)

まとめ

この記事では、PCでのMetaMaskのアカウント開設方法について、気をつけるポイントなどを押さえつつ順序立てて解説しました。

秘密鍵 / リカバリーフレーズの取り扱いには十分に注意が必要ですが、そこさえ気をつければ楽しい Dappsの世界に足を踏み入れることができますよ。

また、OpenSeaを使えば自分でコードを書かずとも、誰でも簡単にNFTを発行することができます。

▼関連記事
NFTを作ったことのない素人がOpenSeaでNFTを発行してみた

さらに、OpenSeaでPolygonチェーンを使ってNFTを発行する場合、必要なgas代はOpenSeaが負担してくれて実際に無料で発行できたため、初心者の方でも簡単にNFTを発行できるのでぜひ試してみてください。

▼関連記事
NFTを作ったことのない素人がOpenSeaでNFTを発行してみた[Polygonチェーンver]

【編集後記】

NFTnaviではDiscordコミュニティの運用もおこなっております。

NFTについてもっと知りたい・勉強したいと思っている方は、ぜひお気軽にご参加ください!
(もちろん無料コンテンツです)