NFTを作ったことのない素人がChocofactoryでNFTを発行してみた

昨今では、 NFT が注目されるようになってきはじめており、その取引額・流通額は非常に増え続けています。

そんな中、クリエイターの方をはじめ、自身でNFTを発行してみたいという意見をよく耳にするようになりました。

そこでこのシリーズでは、自分で簡単にNFTを発行する方法について、スクリーンショットを添えながら解説していきたいと思います。

今回は、Chocofactoryを使ってNFTvのメインキャラクター「NFTeruko」のNFTを発行してみたいと思います!

Chocofactoryを開く

まずはNFTを発行するために、Chocofactoryを開きましょう。

ウォレット の接続を求められるので、 トランザクション 承認を行ってアカウント連携してください。

今回はPCでの作業のため、「metamask」というウォレットを使用してNFTを発行していきます。

ホーム画面が開いたら、右上の「New」ボタンをクリックしてNFTの発行作業に移ります。

  • Newwork(NFTの発行を行うチェーン)
  • Name(発行するNFTの名前)
  • Symbol(略称 [例:ビットコインならBTC, 日本円ならJPYなど])

をそれぞれ入力し終えたら、右上の「Saveボタン」を押します。

ちなみにNameとSymbolは20文字以内で、かつ必ず埋めておく必要があるのでご注意ください。

今回私は、 gas代 節約のために「Matic」というチェーンを使って発行を行なっていきます。

余談:metamaskでMaticチェーンと接続していない方へ

もしmetamaskで普段Ethereumチェーン(Mainnet)しか使っていなかったという方は、Maticチェーンとmetamaskを最初に接続しておく必要があります。

(そうしなければ上写真のようなエラー文が表示されます)

metamaskを開くと、上側に「Ethereumメインネット」と表示されているのでクリックします。

すると上写真のような画面になるので、一番下の「カスタムRPC」をクリックして、以下のように記入しましょう。

これで、上側に「Ethereumメインネット」と表示されていたのが、「Matic Mainnet」に切り替わったはずです。

ちなみに余談の余談ですが、黄色の「Rinkebyテストネットワーク」を使えばテスト発行が行えるので、いきなり本番は心配という方はこちらをご使用ください。

Chocofactoryのチェーン選択画面でも、一番左側にチェック欄がありますよ。

さて話を戻します。

ここで厄介なのが、このままではMaticメインネット上の残高が0のままなので、gas代を支払うことができずALERTが出てしまいます。

そこで、EthereumメインネットにあるETHを、Maticメインネットに移動させてあげる必要があります。

まず、Maticメインネットにした状態で、「https://wallet.matic.network/bridge」にアクセスします。

metamaskを選択して、署名をしてあげます。

あとはEtherを選択して、必要な分だけ数字を入力したらMatic Networkに「Transfer」してあげましょう。

これで、Matic Network上にgas代分のETHを送ることができました。

NFTの発行

さて、ChocofactoryでのNFT発行に話を戻します。

今回はMaticネットワーク上で、上写真のような名前とシンボルでNFTerukoのNFTを発行します。

右上の「Save」ボタンをクリックして、署名を行いましょう。

次に、右上の「Deploy」ボタンをクリックします。

Deployが完了したら、①のように「Deployed」に表記が変わるので、②の「New」をクリックします。

すると上写真のような画面になるので、それぞれ記入していきましょう。

今回私はこのように入力しました。

入力が完了したら、右上の「Save」をクリックします。

すると上写真のように「NFTs」の項目に一つ追加されています。

まず①の「tokenId」にチェックボタンを入れて、②の「Mint」をクリックしていよいよNFT発行です。

ちなみに、このMintこそが、NFTの発行だと思っていただいて差し支えありません。

リレーに例えると、Deployが「位置について、よーい」で、Mintが「ドン!」です。

Mintをクリックすると、普段Ethereumチェーンを使っていると考えられないくらい、お値打ち価格のgas代が提示されます。

これが、 サイドチェーン であるMaticネットワークを使って、NFTを発行する最大の長所です。

ちなみに、ほぼ同じ時間帯でEthereumチェーンでNFTを発行する際にかかるgas代と比較してみましたが、とんでもない価格差なのが一目瞭然ですね。

以上が、ChocofactoryでNFTを発行するまでの一連の流れとなります。お疲れ様でした。

まとめ

この記事では、ChocofactoryでNFTを発行する手順について紹介しました。

Chocofactoryを使えば自分でコードを書かずとも、誰でも簡単にNFTを発行することができました!

個人的にすごく良いなと思った点は、ChocofactoryでNFT発行を行うと、勝手に ipfs を設定してくれるので非常に便利だということです。

あと個人的なポイントとして、少々面倒ではありますがgas代節約のためにも、Maticチェーンへの切り替え作業は行なっておいた方が良いと思います。

最後になりましたが、このようにこのシリーズでは、NFT素人の方でも簡単にNFTを発行する手順について紹介しています。

よければ他の媒体でのNFT発行方法についての解説記事も、ぜひご覧ください!

【編集後記】

NFTnaviではDiscordコミュニティの運用もおこなっております。

NFTについてもっと知りたい・勉強したいと思っている方は、ぜひお気軽にご参加ください!
(もちろん無料コンテンツです)