NFTを作ったことのない素人がOpenSeaでNFTを発行してみた[Polygonチェーンver]


昨今では、以前にも増して「 NFT 」というものが注目されるようになってきており、その取引額・流通額は非常に増大きな規模となりました。

そんな中、クリエイターの方をはじめ、自身でNFTを発行してみたいという意見をよく耳にするようになりました。

NFTの発行自体は以前紹介した記事のように OpenSea を使えば簡単にできるものの、現在コレクタブルNFTなどの影響もあり、 イーサリアム チェーンでのNFT発行にかかる gas代 の高さが課題となっています。

そこでこのシリーズでは、gas代が安いPolygonチェーン( サイドチェーン )というものを活用して、OpenSeaを使って簡単にNFTを発行する方法について解説いきます。

ちなみに現時点では、OpenSeaでPolygonチェーンを使ってNFTを発行する場合、必要なgas代はOpenSeaが負担してくれます。

無料で発行できるので、初心者にもやさしい仕組みでありがたいですね。

今回発行するNFT

余談ではありますが、私が先日「親知らず4本の抜歯」という人生の一大イベントを終えました。

そのためタイミングよく、「この気持ちをNFT化したい!」と思っていたこともあり、今回は以下のようなイラストを用意していただきました。

『親知らずが完治して喜んでいるシーン』ですね。

今回はこちらのイラストを、OpenSeaのPolygonチェーンで『無料で』NFT化していきたいと思います。

ちなみに、こちらのイラストを描いてくださった方は「チャーチのノンファンジブル デイズ」という素敵な漫画を連載されています。

こちらのリンクから第1話を観れるので、ぜひご覧ください!

事前準備1:metamask

今回はPCでの作業で、「metamask」というウォレットを使用してNFTを発行していきます。

この辺りは外部メディアになりますが、dAppsMarketさんの記事がわかりやすいのでそちらをご参照ください。

【最新】メタマスク(MetaMask)の登録・入出金・使い方を画像で解説

事前準備2:アカウントの作成

OpenSeaでNFTを発行するためには、アカウントの作成から行う必要があります。

こちらについては、以下の記事をご参照ください。

NFTを作ったことのない素人がOpenSeaでNFTを発行してみた

NFTの発行

大変お待たせいたしました。

ここからはいよいよ、OpenSeaからPolygonチェーンを使って、NFTを発行していく手順について解説していきます。

まずは、OpenSeaのサイトへアクセスして、上写真のピンク部分の「Create」をクリックします。

Metamaskの画面が開かれて署名を求められるので、上写真のピンク部分の「Sign」をクリックします。

  • NFT化したいデータ(Image, Video, Audio, or 3D Model)
  • Name(NFTの名前・タイトル)
  • External Link(アカウント主のサイト等外部のリンク)
  • Description(NFTの説明)

を入力していきましょう。

入力が完了したら下の方にスクロールして、「Blockchain」という欄をクリックします。

すると「Polygon」の選択が表示されるので、こちらをクリックして1番下の「Create」をクリックしてください。

はい、これだけの作業でオリジナルのNFTを発呼することができました。

実際に今回発行したNFTはこちらになります。

もし販売したい場合には、右上の「売る」ボタンから販売を行うことができますよ。

以上が、OpenSeaでPolygonチェーンを使ってNFTを発行するまでの一連の流れとなります。お疲れ様でした。

まとめ

この記事では、OpenSeaでPolygonチェーンを使ってNFTを発行する手順について紹介しました。

OpenSeaを使えば自分でコードを書かずとも、誰でも簡単にNFTを発行することができました!

さらに、OpenSeaでPolygonチェーンを使ってNFTを発行する場合、必要なgas代はOpenSeaが負担してくれて実際に無料で発行できたため、初心者の方でも簡単にNFTを発行できることがお分かりいただけたでしょう。

このようにこのシリーズでは、NFT初心者の方でも簡単にNFTを発行する手順について紹介しています。

よければ他のサービスを使ったNFT発行方法についての解説記事も、ぜひご覧ください!

NFTを作ったことのない素人がChocofactoryでNFTを発行してみた

NFTを作ったことのない素人がRaribleでNFTを発行してみた

【編集後記】

NFTnaviではDiscordコミュニティの運用もおこなっております。

NFTについてもっと知りたい・勉強したいと思っている方は、ぜひお気軽にご参加ください!
(もちろん無料コンテンツです)